CHAB DESIGN [チャブデザイン]

ENFUSE

information

所在地
京都市左京区岡崎
用途
カフェ
構造
RC造地下1階部分
床面積
287.46㎡
施工
レビック
完成年
2020.03.21.
写真
良知慎也

background

1933年に開館した京都市美術館が大規模改修され、歴史的な要素と新たな要素が重層する建築へとリニューアルされた。
その改修の1つエントランス。
旧エントランス前の広場が緩やかに彫り込まれ、地下へ新たなエントランスが設けられた。

その地下に人々の溜まりを作ることを目的としてミュージアムショップとカフェが組み込まれることとなった。
そのカフェスペース「ENFUSE」の計画である。

ここは美術館への来館者だけでなく来館目的外の利用者も自由に出入りできる。
気軽な休息の場であり、京都の歴史文化・食習慣を、食を通じて伝える美術館の文化的役割を担う場でもある。
日常と非日常の接点となること、また旅行者、市民どちらにとっても、開かれた居心地の良い場所を目指した。

design

この空間の外にはスロープ状の広場が広がっている。
大きな弧を描いた窓ガラスは奥に進むにつれて、スロープの勾配と共に小さくなり、間口は徐々に狭まり鰻の寝床のように深い。
エントランスから客席の最深部まで34mある。
この開放的空間から落ち着きのある空間のグラデーションを、京町家の一列三室の空間構成のように家具の置き方で3つのエリアに分けた。
それぞれのエリア個々の特徴はあるが、それらを緩やかになじませた。

開放的な手前のエリアは円形のテーブルやスツール、スタンディングのテーブルを配置し活動的な場とした。
活発に行き交う利用者の賑わいがガラス越しに人々を呼び込むきっかけとなる。
中間のエリアでは5mの長テーブルを配置し、偶発的に集まった人々の心地よい一体感をつくり
窓が少しずつ狭くなる奥のエリアにはソファ席を配置しゆったりとくつろげるスペースとした。

家具は可動式の家具を中心に構成し上記のエリア分けも柔軟に変化できるようにした。
また美術館内の色調と合わせモノトーンと木部は方向性のないパーチクルボードに統一した。
建築との関係性を利用したディテールとして、窓際の丸柱に施された耐火塗装と同様、テーブルの丸脚には凹凸のある耐火塗装をした。
そしてその丸柱を模倣した丸柱をカフェ区画内にある男性用トイレ入口前に立てカフェ利用者の動線と分けるための仕切りとしている。

予期せぬ脅威により当初描いていた未来とは別の未来へと進みつつある。
変化を受け止めながら、日常と非日常の接点として心地よい時間を提供する場であり続けることに変わりない。

ENFUSE
ENFUSE
ENFUSE
ENFUSE
ENFUSE
ENFUSE
ENFUSE
ENFUSE
ENFUSE
ENFUSE
ENFUSE
ENFUSE
ENFUSE
ENFUSE
ENFUSE
ENFUSE
ENFUSE
ENFUSE
ENFUSE