CHAB DESIGN [チャブデザイン]

Sakahachi

information

所在地
京都市左京区
用途
住宅兼オフィス
構造
木造1階部分
床面積
87.73㎡
施工
LOOWE
完成年
2019.07.17.
写真
長谷川健太(2,CHAB DESIGN)

background

築30年の住宅を改装しワークスペースを兼ねた居住スペースの計画。
施主である若夫婦に誕生間近の赤ちゃん、施主の母、祖母の4世代が暮らす場所となる。
施主の要望は大きく3つ
・ひとつの空間に4世代が無理なく住むこと
→現代的な土間のあり方を再解釈(キッチンを中心に)
・これからの時代の暮らすと働くの在り方を模索すること
→ワークスペース(オフィス・レセプションスペース)の再提案
・仕事を通じた仲間に拓けた場の在り方を追求すること
→縁側と借景の再構築
という非常に明快な要望に応えるよう設計を始めた。

design

土間とは内(暮らす)と外(働く)が緩やかに繋がった場所である。
かつて本当に土間だったという現在のダイニングキッチンは視線の抜けが少なく内へ閉じた空間であったため壁を抜き開口部を広げた。
既存の天窓の光が差し込む下にアイランドキッチンを配置しキッチンに立つと全ての方向が見渡せるようにした。
隣にテーブルを置き、デスクワーク、家族や仲間との団欒を受け止め、そこに庭の景色を切り取る大きな窓を開けた。
玄関から仏間へと繋がる途中にあるレセプションルームには可動式のソファと分解できるテーブルを置いた。
客人を招く場所として宿泊もできるようプライバシー性を高めつつ、引き戸を解放すれば入口の門まで視線が抜けるようにした。
母屋の隣に建つ倉庫は夫婦のための寝室とし、外部に設けた縁側を寝室と母屋の間に通し母屋と寝室を繋げツインカーボ製の親子扉で内と外を仕切った。
積極的に網戸が使いたくなるよう縦糸を青、横糸を黄色としたメッシュを用い、見る角度によって景色に変化を与え、自然の風を取り込むようにした。
赤ちゃんがこの場所で健やかに成長し、やがて縁側を走り回る姿を想像している。

Sakahachi
Sakahachi
Sakahachi
Sakahachi
Sakahachi
Sakahachi
Sakahachi
Sakahachi
Sakahachi
Sakahachi
Sakahachi
Sakahachi
Sakahachi
Sakahachi
Sakahachi
Sakahachi
Sakahachi
Sakahachi
Sakahachi
Sakahachi
Sakahachi
Sakahachi
Sakahachi
Sakahachi
Sakahachi
Sakahachi
Sakahachi
Sakahachi
Sakahachi
Sakahachi
Sakahachi